魅惑の街に選出された、サカトランへ日帰り旅

メキシコで最初に訪れたのはメキシコシティから車で2〜3時間程のプエブラ州プエブラ

 

プエブラ滞在中、友人にサカトランという街に連れて行ってもらいました!

 

 

サカトラン(サカトゥラン)ってどんな街?

 

サカトラン(スペイン語でZacatlán)は、プエブラ州にある自治体で、メキシコ政府観光局により*プエブロ・マヒコとして39番目に選出されたことで知られる観光地。

 

*プエブロ・マヒコ

プエブロ・マヒコとは、そこに、象徴的な建造物等や伝説、歴史、その他突出した特別な(観光)要素を有すると同時に、今もそこで日常生活を送る人々が住んでいる…つまりは、そこの社会文化にあるもの一つ一つ全てが魔法のように魅惑的で、絶好の観光地となる場所のことである。当「プエブロ・マヒコ・プログラム」は、メキシコ国内各地を評価し直し、新しい今までとは違うメキシコ国内の観光地代替案をメキシコ内外の観光客に紹介しようとするものである。

リンゴの生産地として有名で、リンゴのワインやサイダーがたくさん売っていたり、お土産もリンゴを形どった何かが多かったり、やたらリンゴ推しの街です。

 

 

サカトランの見どころ

 

街のサイズはとってもコンパクト。

中心地の広場から5分ほど歩くと山々に囲まれた大自然が広がり、半日あれば十分満喫できます。

 

f:id:yukitatotheworld:20171118235241j:image

f:id:yukitatotheworld:20171118235337j:image

モザイクアートがとても綺麗な壁。

この道を真っ直ぐ行くと、、

f:id:yukitatotheworld:20171118235521j:image

 

一番の絶景ポイントと思われる、ここ!緑溢れて視力上がりそう。

f:id:yukitatotheworld:20171118234615j:image

下の方にちょろんと写っている白いものは滝です。

 

f:id:yukitatotheworld:20171118235756j:image

絶景ポイントには欠かせない、ガラス張りの展望スポット。

 

2時間ほどしてから戻ると、霧がこんなに濃くなっていました。朝晩は街中にも霧が立ち込める日があるそう。

f:id:yukitatotheworld:20171119000421j:image

 

街中は低層の建物ばかり。

f:id:yukitatotheworld:20171119000735j:image

f:id:yukitatotheworld:20171119003116j:image

 

f:id:yukitatotheworld:20171119001933j:image

ラテンアメリカで初めて時計工場ができた場所でもあるので、中心広場には大きな花時計。

 

ワインミュージアムもあり、寄付金と言う名の見学料(記憶が定かではありませんが、最低10ペソだったような…約60円)を払うと中を案内してもらえます。

f:id:yukitatotheworld:20171119004527j:image

f:id:yukitatotheworld:20171119004549j:image

リンゴのワイン以外も、他のフルーツワインやリキュールの製造も盛んな為、酒屋さん(?)があちこちにあり、た〜くさん試飲させてくれます。笑

 

私は行きませんでしたが、滝を間近で見れる場所や自然の中で行うアクティビティもあるようです。

 

サカトランに行ってみて…

 

おそらく日本で売っているメキシコのガイドブックには載っていないであろうサカトラン。

とても小さな街ですが、メキシコ国内からの観光客で大賑わいでした。

サカトラン名物もあるのでプエブラ滞在中に時間があれば行ってみると楽しめると思います(^^)