+81 から世界へ。

少ない休暇を駆使してあちこち旅に出ている商社OLの旅行記。現地で友人に会うパターンの一人旅多めです。

【ベトナム ホーチミン】ハズレなし!ローカルレストランまとめ

前回はホーチミンで朝ごはんを食べに訪れたカニ料理屋さんを紹介しましたが、本日はホーチミンで行ってみたローカル飯をまとめて紹介します(^^)

81totheworld.hatenablog.com

 

 

 

飲みの〆に!罪悪感なしの春雨ヌードル Mai Xuân Cảnh

 

とある日の夕食後に訪れたこちらのお店。

Mai Xuân Cảnh マイスアンカン

f:id:yukitatotheworld:20181006145125j:image

焼き鳥屋さんらしいのですが、鶏の出汁が効いたスープを楽しめるフォーや春雨ヌードルも人気がある模様。

プラスチックのテーブルと椅子が並ぶ、ローカル感溢れるお店です。

 

夕食後でお腹いっぱいだったので(←でもまだ何か食べようとする)、ミエンガー(Miến gà)と呼ばれる春雨ヌードルを友人とシェアしました。

※ “ガー gà”はベトナム語で鶏を意味します。

例えば“フォーガー phở gà”だと鶏肉が入ったフォーのこと。

 

f:id:yukitatotheworld:20181006145204j:image
f:id:yukitatotheworld:20181006145155j:image

f:id:yukitatotheworld:20181006145207j:image

春雨麺は日本の春雨より少し太めで、色味は少しグレーがかっているような、青白いような。

とぅるん♪としていて味もサッパリなのでいくらでも食べれます。


f:id:yukitatotheworld:20181006145200j:image

ライムが入っているお皿がクマさん型でとても可愛い笑

 

f:id:yukitatotheworld:20181006151135j:image

豪快に鶏を捌く美人店員さん

 

こちらのお店は、ベタなホーチミン観光で必ず訪れるであろう、中央郵便局のすぐ近くに位置しています。

 


f:id:yukitatotheworld:20181006150921j:image

f:id:yukitatotheworld:20181006150931j:image

↑サイゴン中央郵便局

フランス統治下時代に建てられ、現在も郵便局として機能しています。

 

私は〆のラーメン感覚で頂きましたが、早朝から開いているので朝ごはんとしてもお勧めです。

 

 

バインセオを食べるならここ!ピンクの教会のすぐ近く Bánh Xèo 46A

 

続いては”ベトナム風お好み焼き”と表現されがちなバインセオのお店です。

 

Bánh Xèo 46A バインセオ46

ガイドブックにも載っているし、現地ツアーの工程に組まれていたりもするようで夕食時に行くと大賑わいでしたが、なんとか席を見つけることができました。

f:id:yukitatotheworld:20181006154704j:image

 

バインセオは2種類あり、レギュラーと、もうひとつは卵を入れたものだそう。

私たちはレギュラーと生春巻きをオーダー。

 

薄い生地(米粉とココナッツミルクがベース)にたっぷりのもやしと豚肉、エビが挟まれていて、レタスに包んで頂きます。

f:id:yukitatotheworld:20181006155033j:image

バインセオ自体は結構脂っこいのですが、たっぷりの野菜と頂けるので、ヘルシーごはんの部類に入れることと致しましょう。。

f:id:yukitatotheworld:20181006181214j:image

 

このお店はドンコイ通りなどがある繁華街から少し離れているので、タクシー移動がお勧め。

50〜60万ドンで行けます。

インスタ映えするピンクの教会の正面の小道を入るとすぐにあるので迷うことはないと思います!

 

f:id:yukitatotheworld:20181006181010j:image

タンディン教会。ピンクなのは元かららしいですが、塗り替えの際に”映え”狙いのため、さらに濃いピンクになったとか。

 

地元民にも人気!老舗大衆食堂 Như Lan

 

ベトナムのサンドイッチ、バインミーを食べに行ったこちらのお店。

Như Lan ニューラン

f:id:yukitatotheworld:20181006191508j:image

大通りに面してズラリとお店が並んでいたのでフードコートのように購入してから席に着くのかなと思ったのですが、イートインの場合は席に着きテーブルに置いてあるメニューから注文するシステムでした。

f:id:yukitatotheworld:20181006192106j:image

ここにももちろん有料ウェットティッシュ


f:id:yukitatotheworld:20181006192101j:image

バインミーと、サポディラという樹液がチューインガムの原料になるというフルーツが入っているスムージーを頂きました。


f:id:yukitatotheworld:20181006192056j:image

地元民は麺類やご飯ものを食べている方が多く、とても美味しそうでした。

 

繁華街から徒歩圏内に位置しており、サイゴンスカイデッキという展望台のある高層ビルを目印にすると分かりやすいと思います。


f:id:yukitatotheworld:20181006191223j:image

f:id:yukitatotheworld:20181006191438j:image

 

 

あらゆるところに出没。移動式ソフトドリンク屋さん

 

ホーチミンでは街の至る路上で軽食やお菓子、フルーツを買うことができます。

 

f:id:yukitatotheworld:20181006182720j:image

道端に座ってスナックやフルーツを売ってたり


f:id:yukitatotheworld:20181006182715j:image

お客さんがすぐ食べれるようイスを用意していたり


f:id:yukitatotheworld:20181006182712j:image

自転車に乗せたまま移動しながら売っていたり。

 

喉が渇いたからどこかカフェに行こうと思っていた時に、飲み物を販売しているバイク(なんて呼べばいいのか)を発見したので、ベトナムコーヒーを買ってみました!

f:id:yukitatotheworld:20181006183800j:image
f:id:yukitatotheworld:20181006183757j:image

手際よくシェイカーに氷、コーヒー、練乳、水を入れてシェイク!たった15万ドン(約75円)でスタバのventi程のサイズのコーヒーをゲット。

この日は暑かったので甘くて冷たい飲み物が身体に染み渡ります!

 

ちなみにベトナムのコーヒーチェーン店の相場はピンキリで、例えばラテを200円弱で飲めるところもあれば日本と変わらない400〜500円もするところもあります。

 

最後に

 

今回の旅で行ってみて美味しかった、地元民で賑わうお店を紹介しました(^^)

 

ベトナムにはローカル感が溢れる飲食店しかないのか、、衛生的に不安…という方もいるかと思うので、次回はそんな方も安心して行ける飲食店について書きたいと思います!

 

本日もお読み頂きありがとうございました(^^)

↓↓↓ブログ村に登録してみました!よろしければクリックお願い致します!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村